[2018年,戌年]高品質な年賀状が安い!可愛い"戌"を添えよう

[2018年,戌年]高品質な年賀状が安い!可愛い"戌"を添えよう

 
2017年もあとわずか!
忙しい年末でバタバタしている人も多いでしょうね。
私も今年の仕事納めに奮闘している真っ最中です。

 

いろいろな行事や用事が重なる年末
その中で日本の大事な伝統文化である
年賀状の準備はできましたか?

 

酉年が終わりを迎え来年の干支は戌年。
年賀状のデザインも戌を使用したモノが多く送られてくるでしょう。

 

年賀状は毎年自分で作る人"自作派"の人もいれば
ネット注文サイトに依頼する"外注派"の人もいます。

 

私自身の体験なのですが過去に私が作った年賀状と
同じデザインの年賀状が届くという事がありました。

 

もちろん差出人は自分ではなく友人からだったのですが
「あぁあいつもあのフリーソフト使ってネット上でデザイン探したんだな」と
少し面白く、少し恥ずかしかったです。
(私もその友人に送ったのできっと相手もそう思っていたはず)

 

フリーソフト使ったのがバレバレですからね(汗)

 

まぁ別にバレても良いのですが
どうせならもう他の誰かと被らないようにしようと
ネット注文に頼る事にしました。

 

デザインやテンプレートが豊富に用意されていますからね。
しかも思ってたよりも値段も安く自分で作るよりも
簡単で手間いらずだったので今回年賀状ネット注文サイトを
ランキング形式で紹介していきたいと思います。

 

同じワンちゃん(戌)の年賀状を作りたくない人は
是非読んでみて下さい。

 

年賀状をネットで注文するとは?

一太郎や筆ぐるめなど有料ソフトを購入せずとも
ネットでカンタンにキレイで高品質な年賀状を作る事ができます。

 

基本的にネット上で気に入ったデザインなどを選んで
自分で文字などを追加して完了させれば
後はそれが届くのを待つのみです。
はがきを買いに行く手間も
自分でプリントアウトする手間も省けます。

 

私自身も去年使ってみましたが
値段もそれほど高く設定されている事も無く
自分で1から作る労力を考えれば安いモノでした。

 

何よりラクでしたね。

 

色んなネット注文サイトがありますが
それぞれに特色があるので自分の用途に合わせて
利用するのが良いでしょう。

 

[2018年]おすすめ年賀状ネット注文サイト

ネットスクウェア

お財布に嬉しい低価格でありながら
高品質で人気を集めている年賀状ネット注文サイトです。

 

利用者の口コミを見てみると
「安くで満足できる年賀状が作れた!」
「色んなデザインが選びやすかった!」
など評価が多いですね。

 

約600種類のデザインやテンプレートが選べて
操作もわかりやすかったです。

 

可愛い「戌」のデザインが
たくさん用意されていましたよ!

はがき代
  52円

送料無料  

 

 

 
いんさつどっとねっと

こちらは干支の戌だけでなくアニメキャラが豊富に用意されている事で人気のネット注文サイトです。ディズニー,セサミストリート,クマのプ〜さんなどがデザインとして用意されています。子供がおられる家庭に喜ばれそうですね。

 

見てるだけで童心に戻れるサイトです。

 

はがき代
  57円

全国一律500円(税別)  

 

 

 
挨拶状ドットコム

今だけ宛名印刷まるごと無料割引や
お年玉年賀はがきなどイベントが多いネット注文サイトです。

 

800種類のデザインが用意されており
他のサイトより選択肢が多く持てるのが特徴。

 

戌年用のデザインも募集しているので
これからも種類が増えそうです。

 

はがき代
    52円

送料無料
※(会員制)

 

 

 

トータルで考えるとネットスクウェアが一番おすすめ!

以上3つのネット注文サイトを紹介しました。
サイトによって特色があるのでどこを選ぼうか迷うかもしれませんが
値段、デザイン量、サイト上での操作方法のわかりやすさなどを
考慮するとネットスクウェアが一番オススメですね。

 

自分が作ろうとしている枚数とかデザインとかは幾ら掛かるんだろうと
不安の方の為に「料金カンタン見積もりサービス」があるので
そちらで値段を確認してからネット注文するのが良いと思います。

(ネットスクウェア公式サイト)

 

コラム戌は猿と喧嘩していた!?

きっと年末年始にかけて「子丑寅卯辰巳…」
といつの間にか刷り込まれた干支を口ずさむ人も多いでしょう。

 

一体いつ覚えたんでしょうね?
気が付けば幼少期に頭に刷り込まれていました。
(私は子丑寅卯辰巳…あたりから怪しくなりますが…)

 

十二支を動物に例えたのも一般的に
干支を普及させるためという説が有名です。

 

日本では神様が動物たちに宮殿に集まるよう手紙を出して
その宮殿に早く着いた順番に十二支は並べられているという
逸話も有名ですね。

 

この十二支で猫が入っていないのは
1月1日の元旦に神様の宮殿にネズミに騙されて集まる日を間違えた、
だから今でも猫はネズミを捕まえようとするらしいです。

 

また「犬猿の仲」ということわざもあり
どうしても仲良くなれない間柄の人たちの事を指すのですが
この干支の逸話がそのことわざの由来となっているみたいですね。

 

戌と猿が喧嘩したらどっちが勝つんでしょう?
一度見てみたいモノです。

(ネットスクウェア公式サイト)